50代 心地よい暮らし

日々幸せに感じていること、楽しく続けていることなど、心地よい暮らしに役立つ情報を発信しています。

ピーマンが主役の朝ごはん「たまピー」

こんにちは。50代主婦です。

        f:id:Asayake058:20190829195700p:plain

我が家の朝ごはんには、主人が子供の頃から食べてきたおかず(義母の味)がよく登場します!

その中の一つが「たまピー」。

卵とピーマンの炒め物です。

白いごはんが進む美味しい一品です!

f:id:Asayake058:20191004152140j:plain

もちろん作るのは私ですが、結婚当初、作り方や味付けを教えてくれたのは主人でした(主人の実家は秋田県)。

今では我が家の定番朝ごはんメニューの一つです。

 

ソーセージやハム・ベーコンなどを入れると、より一層美味しくなります。 ピーマン嫌いのお子様にも食べてもらえるかもしれません ♪

 

 

たまピーの作り方

 f:id:Asayake058:20191004152753j:plain

事前準備

<材料> 3人分

・ ピーマン 中5個

・ ソーセージ3本

・ 卵2つ

<調味料>

・ みりん   大さじ2

・ しょうゆ  大さじ3

・ うまみ調味料 小さし1/3

<下準備>

・ ピーマンとソーセージは適当な大きさ

  に切っておきます。

・ 卵は溶いておきます。

手順

1.フライパンに油をしき、火をつけ中火にする。

f:id:Asayake058:20191004153052j:plain

 

2.材料(ピーマンとソーセージ)を入れて、炒める。

f:id:Asayake058:20191004153250j:plain

 

3.ピーマンとソーセージに火が通ったら、みりんと醤油を入れて、味を調える。

f:id:Asayake058:20191004153708j:plain

 

4.溶き卵を一気に入れる。

f:id:Asayake058:20191004153901j:plain

 

5.火の通りの様子を見ながら、ざっくりかき混ぜる。

f:id:Asayake058:20191004154104j:plain

 

6.仕上げに、うまみ調味料を入れる※

f:id:Asayake058:20191004154448j:plain

※我が家では、「ヤマサフレーブ」を使用しています。昆布・かつお節・椎茸などのうまみ成分を配合した調味料で、主人の実家(秋田県)ではよく使っています。

 

7.お皿に盛って、できあがり~♪

f:id:Asayake058:20191004155011j:plain

 

我が家の朝ごはんは、こんな感じ

主人も息子も、朝ごはんは、わりとしっかり食べていきます。

f:id:Asayake058:20191004160058j:plain

・漬物類・納豆

・白飯

・なめこと豆腐の味噌汁(いりこ出汁)

たまピー

・蒸しキャベツのおかか和え

・みかん

・フルーツヨーグルト

 (バナナとゴールドキューイ)

 

なめこと豆腐の味噌汁(いりこ出汁)

f:id:Asayake058:20191004174723j:plain

(3人分:いりこ出汁500ml・味噌大さじ4・なめこ1パック・豆腐木綿150g)

いりこ出汁のなめこと豆腐の味噌汁です。実はこのお味噌、秋田の主人の実家から毎年もらっています♪ 手作り味噌のお店で麹の配分量を好みで指定して作ってもらっているようです。結婚してからずっといただいているので、お味噌は買ったことがないのです。

 

蒸しキャベツのおかか和え

f:id:Asayake058:20191004160150j:plain

蒸しキャベツのおかか和えも我が家では重宝しています。あらかじめ蒸してストックしておくと、かつお節やしらすをふりかけて、醤油で和えるだけで美味しい一品になります。

 

フルーツヨーグルト

f:id:Asayake058:20191004182136j:plain f:id:Asayake058:20191004182122j:plain

旬のフルーツをプレーンヨーグルトに入れてよく食べます。今回は、バナナとゴールドキューイ。今の時期だと、種無し巨峰を皮をむいてたくさん入れて食べるのが最高に美味しいです♪

 

終わりに…

今回は「たまピー」をご紹介しましたが、他にも、なすを使ったおかずや、インゲンを使った「義母の味」があります。どれもシンプルなお料理ですが、朝から食欲の湧く白いごはんにピッタリのおかずです。また次回にお伝えできればと思っています♪