50代 心地よい暮らし

日々幸せに感じていること、楽しく続けていることなど、心地よい暮らしに役立つ情報を発信しています。

我が家にフクロウが来た!鳥の博物館でフクロウについて聞いてみた

こんにちは。50代主婦です。

        f:id:Asayake058:20190918131526p:plain

我孫子市に住んで30年(生まれ育った北海道より長くなりました)。時々、自由気ままな地元散歩を楽しんでいます♪

 

今回は、あることを確かめたくて、鳥の博物館に行くことにしました。

 

それは、フクロウのこと。

 

野生のフクロウが、我孫子市に生息しているか知りたかったのです。

 

我孫子市の鳥の博物館は、日本で唯一、鳥だけを扱う博物館です。手賀沼に棲む鳥だけでなく、世界中の鳥について、また鳥の起源から進化の歴史についても、幅広く知ることができます。 

       f:id:Asayake058:20191019165506p:plain

今回は、フクロウと我が家のエピソード、鳥の博物館でフクロウについてわかったこと、そして鳥の博物館までのおすすめ散歩コースを紹介します♪

 

 

フクロウが我が家にやってきた!

     f:id:Asayake058:20191017175231p:plain

今から15年前になりますが、我が家にフクロウがやってきました。

 

夜8時ごろだったと思います。自宅マンション3階ベランダから何気なく外を見ると、電線の上に何やら不気味な黒影が...鳥にしてはとてつもなく大きい...。恐る恐るよく見ると、なんとフクロウ!? 

 

まさか!と思い、慌てて旦那と子供(当時3才)を呼んで、みんなで確かめると、やっぱりフクロウ―。驚きました。でも、なんでここに?森からは離れているし、住宅街の電線の上にいるなんて...

 

さっそくこのことを友人に話すと、みな笑って、「フクロウなんて、この辺にいるわけないでしょう。」と信じてもらえません。

 

でも、その数日後、再び同じ場所、同じ時間にフクロウが現われたのです!

 

そう。2度も来たのです!!

 

フクロウが電線に止まっていたのは、おそらくほんの数分。2回目に見た時はもっと短かったかもしれません。バタバタと大きく羽を広げ、近くの家の屋根に飛んで、さらに奥へと飛んで、徐々に見えなくなりました。あっという間の出来事でした。

 

鳥の博物館でフクロウについてわかったこと

 

我孫子にフクロウは生息している!

鳥の博物館の展示物をゆっくり見学した後、解説員の方にさっそくフクロウについて聞いてみました。すると「ええ、我孫子にフクロウはいますよ。」との答え。私は嬉しくなり「実は15年前に・・」と我が家でフクロウを目撃したことを話ました。

 

すると解説員の方は笑顔で、「ちょっと待ってください」と言って、フクロウのパネルが展示してある部屋へ案内してくれ、しまってあったフクロウのはく製と、我孫子のフクロウの子育の様子を収めた写真を見せてくれました。

 

見せてくれたフクロウのはく製

f:id:Asayake058:20191018163844j:plain

50センチくらいあるでしょうか。我が家の家にやってきたのは、まさにこれくらいの大きさのフクロウです!

 

博物館で巣箱を設置

   f:id:Asayake058:20191018181125p:plain

鳥の博物館は、10年前、我孫子の森で、以前フクロウが営巣したことがある場所に、カメラ付きの巣箱をかけました。それ以来毎年フクロウが巣箱にやってきて、給餌、産卵、子育てをする様子を観察しています(2月~9月)。

 

フクロウの子育の様子がライブ映像で見れる 

 

ミュージアムショップで購入したポストカード(我孫子の森巣箱で育つフクロウの子供)

f:id:Asayake058:20191018174100j:plain

 

博物館では、モニターを通して、巣箱内の様子を見せてくれます。フクロウの子育て中の様子を見ながら、スタッフや学芸員がフクロウについて解説してくれます。

 

私もぜひ見てみたいと思い、スタッフに尋ねると、なんと今年は、フクロウは巣箱にこなかったとのことでした。とても残念。我孫子の森にいるフクロウの数が減っているのでしょうか。ちょっと心配です。

 

フクロウの繁殖スケジュール

我孫子の森の巣箱を利用しているフクロウのおおまかな繁殖スケジュールです。

12月~3月:求愛行動・営巣場所探し

3月~5月:産卵・ふ化

4月~6月:育成・巣立ち

5月~9月 巣立ち後世話

 

スタッフに訪ねると親切にいろいろと教えてくれます。興味のある方は、ぜひ鳥の博物館を訪ねることをお勧めします。

 

鳥の博物館の館内の様子や詳細はこちらです!

https://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/info1/tenjiannai.html

 

ミュージアムショップで購入したポストカード(我孫子の森巣箱で育つフクロウの子供)

 f:id:Asayake058:20191018174202j:plain

  

鳥博物館へのおススメ散歩コース

天王台駅北口から鳥の博物館まで歩いて行くコースがおすすめです。途中からの手賀沼散歩が楽しめるからです。ゆっくり歩いても駅から博物館まで40分くらいで着きます。

道順:

1.天王台駅北口の前の通りを真っ直ぐ10分くらい歩くと、途中から下り坂になり、信号のあるT字路(高野山新田)に突き当たります。

2.左に曲がり、少し行くと小路の入り口があり、右に曲がって進むと手賀沼に着きます。左手に滝前広場があります。

3.滝前広場には行かず、右手の手賀沼沿いの散歩道をまっすく行くと博物館に着きます。木々に囲まれ、手賀沼も眺めながら、気持ちよく歩けるコースです。

f:id:Asayake058:20191018094730j:plain f:id:Asayake058:20191018094820j:plain

f:id:Asayake058:20191018112816j:plain

手賀沼散歩道を20分ほど歩いたところで、鳥の博物館に到着♪

鳥の博物館(2019年10月16日撮影)

f:id:Asayake058:20191017212840j:plain

鳥の博物館内

入館料は一般大人300円。

f:id:Asayake058:20191018113620j:plain f:id:Asayake058:20191018093456j:plain

館内は、2階と3階の展示室を見学できるようになっています。

鳥の博物館の館内の様子や詳細はこちらです!

https://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/info1/tenjiannai.html

 

鳥の博物館へのアクセス

 

終わりに...

散歩のついでになんとなく立ち寄って、新しい発見をするのも楽しいですが、今回のように目的地があって、知りたいことを訪ねる散歩もとても楽しかったです♪我孫子にはまだまだそんな場所がいっぱいあります。地元の方にも、遠方の方にも、来て楽しめる我孫子の情報を、50代主婦目線で発信していけたらと思います。