50代 心地よい暮らし

日々幸せに感じていること、楽しく続けていることなど、心地よい暮らしに役立つ情報を発信しています。

狭いキッチンには、トレータイプの水切りがおすすめ!

こんにちは。50代主婦です。

 

皆さんは、どんなタイプの水切りを使っていますか?

         f:id:Asayake058:20190906135729p:plain

私は、今まで「水切りカゴ」や「水切りマット」を試してきました。

 

でも、どれも満足できず、ようやく辿り着いたのが、プラスチック製トレーのみを使用した水切り法です!

 

100ショップセリアで見つけたトレーが、大活躍してくれています。

 

え? この上にカゴをおいて使わないの?

 

f:id:Asayake058:20190906135948j:plain

そうですよね。たしかに、ほとんどの人は、この上に水切りの「カゴ」を置いて使っていると思います。 カゴがあると、食器も重ねられて、たくさん置けますものね。

 

でも、私は、かごは使いません。トレーのみを使用しています。

 

 

なぜブラスチック製トレーのみを使用した水切り法が良いのか?

 

洗いやすいから清潔をキープできる!

シンプルな形なので、とても洗いやすいのです。毎回使い終わった後に、そのままサッとすぐに洗えます。だから水垢などの汚れがたまりにくく、常に「キレイ」をキープできます。

f:id:Asayake058:20190906140303j:plain

 

狭いキッチンに置いても、見た目がすっきり

カゴの部分がなく、トレーだけなので、食器を置いてない時も、見た目がスッキリです。

f:id:Asayake058:20190906140408j:plain

 

軽くてコンパクトだから狭いスペースにぴったり

狭いシンクにも場所を取りません。使っていない時は、立て掛けたり、隙間スペースに収納することもできます。

f:id:Asayake058:20190906140551j:plain

 

小まめに片づける習慣が身につく!

たくさん洗うとすぐにトレーの上は食器でいっぱいになってしまうので、小まめに片づける習慣が身につきます。私は、そのつど、食器を布巾で拭いて、テーブルの上に並べていきます。少し乾燥させてから、食器棚に一気に片づけてしまいます。

f:id:Asayake058:20190906140725j:plain

 

以前試してみた物は...

ステンレス製のカゴ/シリコン製のカゴのデメリット

ステンレス製およびシリコン製の高価でオシャレな水切りカゴを使っていたことがあります。最初はピカピカで、見た目も美しく、このままずっとピカピカのままのような気がして、何もしないでいたら、容赦なく汚れが溜まってしまいました。当たり前ですよね(笑)

 

でも、やっぱりカゴタイプは、カゴの部分を洗うのが面倒でした。だから、小まめに洗う気にはならず、結局汚れが目立ってからやるので、洗うのがたいへんになってしまうのです。白い水垢や、ピンクのぬめりを見ると、ぎょっとしますよね。

 

これを何回か繰り返していくうちに嫌になり、結局使わなくなってしまったのです。

 

水切りマットのデメリット

カゴタイプの次に試したのが、水切りマットでした。見た目は、トレーと同じでカゴがない分スッキリしています。すぐに片づける習慣も身につき、最初は気に入っていました。

 

ただ、マットが水でビチャビチャになるのが難点でした。2,3枚替えを用意しておいて、毎回使った後は、絞って干すか、洗って干すのを繰り返していましが、それが結局面倒になってしまったのです。

 

終わりに...

探せばあるものだな~と思いました。しかも100円でゲットできるとは!

 

高価な物であれば使いやすいかと思えば、必ずしもそうではないのですね。

 

それにしても、日本の100円グッズは凄いと思いました。最近テレビで、外国に住む外国人に、日本の100円グッズを見せて、何に使う便利グッズかを当ててもらう、というのがありました。正解を教えると、外国人はみな一様に「素晴らしい!」と絶賛します。私がその時見たのは、「ワイシャツの生地を傷めずにエリの汚れを取る専用ブラシ」だったと思います。私も、欲しい!と思いました。

 

今回の水切りトレーも、100円でありながら、私のキッチンでの悩みを解決してくれた優れものです。

 

こんな風に、安くて便利なキッチングッズに出会えると、キッチンで過ごす時間が愉しくなりますね♪

 

心地よい暮らしのヒントになれたら幸いです。

 我が家のキッチン♪

f:id:Asayake058:20190906141015j:plain