50代 心地よい暮らし

日々幸せに感じていること、楽しく続けていることなど、心地よい暮らしに役立つ情報を発信しています。

毎日のトイレ掃除で運気アップ

はじめまして。50代の主婦です。

 

家で心地よく暮らすには、家事はとても大切なお仕事です。お家の中がきちんと整っていると、すべてがうまく回り始めます。

 

特にトイレは大切な場所

 

トイレ掃除が行き届いていると、運気が上がるという話はよく聞きますよね。私は単純にそれを信じていて、トイレ掃除を毎日続けるようになりたいと思っていました。

 

そしてやっと自分にとって一番続けやすい方法を見つけ、習慣化することができるようになりました。今日はその方法を皆さんにシェアしたいと思います。

 

          f:id:Asayake058:20190809102339p:plain


毎日トイレ掃除を続けるための4つの行動

 1 お風呂に入る前にトイレ掃除

夜お風呂に入る前に必ずトイレに行くので、その時を「ついでのトイレ掃除」と決めています。数分で終わる程度の掃除で、ブラシで便器を軽くこすり、便器全体をさっと拭きます。余裕があれば、床や壁も拭きます。「この後お風呂だ!」と思えば、多少自分が汚れてもあまり気になりませんよね。

 2 市販の便利な「流せるウエットシート」を活用する

多少お金がかかっても、ササっと拭いて、ポイっと流すだけの市販のウエットシートを使っています。なんだかもったいないと最初は思ったのですが、私は自分に言い聞かせました。「雑巾での拭き掃除だと自分は絶対に続かない。多少お金がかかっても、便利な使い捨てシートを使ってキレイを続けられるなら、そっちの方が良い!」。だから今も続いています。

 3 便座シート、ふたカバー、ペーバホルダカバー、足元マットは使わない

洗わなくてはいけないような、これらの物は使用しません。いつでもこまめにさっと拭けるので清潔です。床に置くのは、便座ブラシとスリッパのみ。床に落ちた尿撥ねもすぐにわかるので、気が付いた時にさっと拭けます。床も便座も常に清潔で、とても気持ちが良いです。

 4 トイレの中に飾り物は置かない

トイレに飾り物や観葉植物などを置いたり吊したりするのをやめました。そういうものはすぐに埃がつきます。こまめに掃除ができる人はいいのですが、私はそういうところはズボラ。できない人は置かない方が良いです。唯一、私はお気に入りの絵葉書1枚を壁に貼ってあります。これならさっと拭けますから。

 

 この4つの行動を続けていくうちに、私はいつの間にか頑張らなくても毎日ごく自然にトイレ掃除を継続するようになりました。面倒と思わずに出来るようになったのです。おかげ様でここ3年くらい、今でも続いています。

 

そこで何が起こったと思いますか?

 

トイレ掃除をすると運気が上がるという話を冒頭にしましたが、それは本当でした。私自身が大きく変わり、一歩、2歩前進、それが今のこの「心地よい暮らし」につながっています。

 

私が求める「心地よい暮らし」は、私のいろんな試みから生まれてきます。

トイレ掃除もその一つ。

 

「毎日の暮らしをより豊かにするために」、私が実践して効果があったことを、これからもこのブログで発信していきたいと思います。